夫婦共働きの場合、家計のやりくりで注意すべき点とは?

夫婦共働きの家庭の場合、2人とも収入があることから貯金に回せる金額は専業主婦や専業の夫のいる家庭よりも多いはずがなかなか家計のやりくりができないという家庭も多いとされています。
その原因はやはりその分使い過ぎていることです。
上手な家計のやりくりのため、夫婦共働き家庭の家計における注意点は以下になります。
まず食費を見直してみることが大事です。
夫婦共働きの家庭では、ついお互い忙しいことを理由に外食やお惣菜に頼る割合が高いはずです。
これを改善するためにはやはり休日に作り置き料理を増やしておくに限ります。
冷凍や保存のきく料理レパートリーを増やして残業から帰宅したあとにすぐ手料理が食べられる状態にしておくと食費がかなりカットできるはずです。
またやりくりのコツとして交際費を減らすことも大切です。
夫婦2人とも働いていると会社の飲み会などで何かと交際費がかかるとの。
社会人の付き合いとして全て断るわけにもいかないですが、今まで参加していた飲み会を一度だけ減らすなど少しずつ削っていきます。
もちろん人間関係に亀裂が入って仕事に影響が出るのは本末顛倒なので見極めも必要です。
家計のやりくりで共働き世帯だからこそできることを実現しましょう。

 

 

専業主婦のうまい家計のやりくりの方法はどうすればいい?

家計をあずかる専業主婦という立場になった際に、どうしてもプラスで月の収支を終わらせたいということが念頭に上がるのではないでしょうか。
専業主婦だから家計のやりくりが、ぜったいうまくできなくてはと焦る気持ちがあるかもしれませんが、まずは実際の家計簿をみてしっかり自分のお金の使い方の傾向について、考えていくことが第一歩となります。
専業主婦としては、やりくりをして、なんとか必要以上にお金を使わないということが求められてきます。
生活費として入ってきたお金以上に、稼ぐというわけにもいきません。
その中でのやりくりですから、できる限り少なく使用するという意識を持ちましょう。
良い方法としては、使わなくてはいけないイコールつまり予算以上のお金を財布に入れておかないことです。
余剰があると、ほしいものができるというのが人間の心理です。
財布にお金がない状態であれば、ほしくても買えません。
月の終わりのころ、無駄遣いが多いという傾向の人は、お財布にまだお金があるから残っているお金で買いたいものを・・・というように考えがちです。
ないものはないと割り切る気持ちを持つということが無駄遣いをしない方法でもあります。
その方法を身につけることで、別にしておいた余剰のお金が貯まるということになります。

 

 

家計のやりくりを封筒で袋分けする方法とは?

家計をやりくりするには、封筒で袋分けをするのが簡単にできます。
毎月の収入は、ある程度ほとんどの場合決まっています。
その決められた中で、家計費を上手くやりくりするのは物価が上昇している中では大変なことです。
まずは、その家計を決められた予算の中でやりくりをしていくことは基本です。
できれば、家計をやりくりをしてその中から貯金をするようにしていきます。
簡単な方法では、封筒に生活費を袋分けしていきます。
封筒には、食費や生活雑貨、医療費など現金で必要なものを用途別に記入していきます。
封筒は、特別に用意することは必要はありません。
袋分けに使用する封筒は、家にある封筒などを使用するとお金は1円もかかることなく袋分けができます。
そのお金を分けるときには、自分のやりやすい方法でいいのですが、食費は1か月で分けるのではなく週間単位で分けておくと使いやすくなります。
1週間を決められた予算でしていきます。
予算を達成するためには、無駄なものを買うことができなくなり結果はやりくりが成功します。
また、反対に予算が余るときには自分へのご褒美にスイーツなどを買うと頑張る気力がでてきます。
袋分けには、予備費として1〜2万円置いておくと生活に余裕がでます。
そして、使わない月はそれを貯金していきます。

 

 

一人暮らしでうまくやっていくコツ

一人暮らしだからこそ、家計をやりくりするコツは数多くあります。
家計をやりくりするコツは、家族と暮らしているとその家族の協力も必要になります。
しかし、一人暮らしなら自分だけが頑張ればいいのでやりくりをするのはしやすいです。
その家計をやりくりするコツは、まず1か月の予算をたてていきます。
出来れば、食費などの毎日お金を使うものには、1週間単位でするとよりしやすいです。
一人暮らしの場合は、大変なのは食事を作ることです。
仕事などで遅くなると、つい外食などをしてしまいます。
また、コンビニに行く回数もできるだけ減らします。
お菓子やジュースなどは、休みの時にスーパーでまとめて購入しておきます。
食事も、週末にごはんをまとめて炊き小分けにして冷凍しておくと仕事が終わってからでもすぐに食べることができます。
おかずも、週末に多く作ると食費の節約ができます。
予算内で、できるようにゲーム感覚ですると楽しくできます。
貯金をするときには、まずは予備費として10万円を口座に用意します。
この口座は、使ってもいいお金です。
そして、もう一つ貯金用として口座を作り毎月こちらにお金を貯めていきます。
節約は、楽しくすることが大切です。

時には、頑張る自分に何かプレゼントをするとまた頑張れます。

 

 

やりくり下手な方からの家計相談アドバイス

アベノミクスで景気は回復してきたとか言われますが、我々庶民の家計はいつまでたっても楽にはなりません。
まわりの人に、「お宅はどうやってやりくりしているの?」と相談されている人も多いと思います。
そこで、やりくり下手な人こそ簡単にできる、家計のテクニックをアドバイスします。
やりくり下手な人の基本的な家計テクニック、それはずばり「使える金額を決めて、それを4分割して封筒に入れ、1週間ごとに分けて使っていく」というものです。
例えば経費を抜いて15万円残ったなら、15万円÷4週分で37500円ずつ封筒に分けて置いておきます。
大事なのはもうひとつ。
封筒の場所も旦那さんに報告する事。
そうする事で、誰かにチェックされているという意識が働き、翌週の封筒にも手を出しにくくなります。
またその封筒でやりくりできなかったら、旦那さんにも共有している事なので、報告をかねて相談する事も可能です。
やりくり下手な人の意外な盲点それは毎月の携帯代です。
その携帯のプランは本当に必要なものですか?実際には使わないのに高額なパケット設定になっていたりしませんか?毎月1台あたり7000円程度払っている家庭なら、格安スマホに変える事で半分以下に抑えることが出来ます。
家電量販店などに行って相談してみるのもひとつでしょう。

 

 

家計のやりくりがうまくいかないとどうなる?

家計のやりくりがうまくいかないと、どんどん支出ばかりが増えてしまいます。
そうなった場合にどう対応するかというのは色々ありますが、お金を借りることでその場をしのぐ方法を取ることもあるかもしれません。
ただ、借りるという行為を繰り返してしまうと、気がつけば額が膨らんでしまい、借金苦ということなって精神的にもきつくなったら困ったものです。
借金苦で悩んでいる人は少なくありません。もし悩んでいるなら、ここに掲載しているウェブサイトを訪ねてみてください。

 

参考になるサイト:借金苦を脱出